SPINE

お問い合わせ

お知らせ

認知症予防体操プログラム

会社情報

加齢とともに認知機能が低下するのは、脳の神経細胞が萎縮・死滅するからです。しかし、運動で筋肉を刺激し血行促進を図ることで、記憶を司る「海馬」の萎縮を防げることが米国のイリノイ州立大学やピッツバーグ大学などの研究で分かってきました。海馬は、65歳をこえると1年で約1%萎縮するといわれ早期予防と治療が大切です。

そこで、生活習慣病や認知症予防に「にしかわ体操」!

  1. 短期記憶を司る「海馬」を刺激する
  2. 脳の神経回路が増える
  3. 脳の司令塔「前頭葉」を刺激する
  4. 音楽で運動効果が大きくなる
  5. アルツハイマー型認知症予防に効く

「にしかわ体操」のタオルグリップ運動は握力が上昇し認知症の予防に効果があります。
(3週間で9名中9名が左右どちらかの握力、または両方の握力が上昇)

ヒューマンライフケア株式会社が独自開発した認知症予防プログラム「ヒューマン体操」

要介護認定を受け施設に来られる方を対象に楽しく、無理なく出来る体操を監修・指導。
音楽は、杏里、MAX等多くのアーティストに楽曲を提供している音楽プロヂューサー 坂本裕介が担当。

https://kaigo.human-lifecare.jp/lp/program/index.html

お問い合わせ

講演のご依頼・ご相談

インターネットからの
お問い合わせ